07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温床作り(枠組み)

2012.01.20 21:53|作業日誌
春野菜の準備の為に温床を作る事にしました。
(去年、冷床で苗作りが遅くなったため)
冷床:ビニールなどでおおい、太陽熱を利用して保温するだけで、人工的には熱を加えない苗床

温床とは、苗を早く育てるために床土を暖かくした苗床の事ですが、
熱源には、堆肥などの発酵熱や電熱を利用します。

循環型の有機農業の世界では、堆肥を用いた床を作ります。
(知ったような事を言いますが、本を見ながら初めて作ります)

まずは、枠を作ります。

枠組み1

何分、不器用でかつ一人で作業を行いますので、時間はかかります。

その後、稲わらを立てかけて固定します。


枠組み2


その後、こうなります。


枠組み3


上から見るとこんな感じです。


ななめ上から

まだ、補強をしないといけない個所がありますが、時間が遅くなる為に今日はここまで。


材料の準備やら、枠の組み立てだけで4時間かかってます。

ここからは、落ち葉や堆肥を積み重ねてゆくのですが、
それは、次回のお楽しみにしましょう。

これからが、地獄の様な作業が待っていると思われます。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。