FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

温床作り

2012.02.04 15:46|作業日誌
前回、枠まで作りました。

時間を見て、落ち葉を拾い集めて、ハウスの近くに集積しておきました。

牛フンが必要だと言うことで、近所のおじさんが勤めている、
広島市の青少年野外活動センターへ行き、頂くことにしました。


牛さん

わしの使うのかと、牛さん達が見ています。

積載

軽トラへの積載は、トラクターにバケツが付いているものなので、あっと言う間です。

早速、本格的な温床作りに入りました。

まず、落ち葉を30cm程敷き詰めて、ふみふみ。
15cmくらいになるまで繰り返します。

牛フン

そこへ、米ぬかと自家製のボカシ肥を少々ふり、
牛フンを10cm程入れます。

こんな感じ1

また、落ち葉を10cm程入れて、米ぬかと自家製ボカシ肥を入れます。

こんな感じ2

ふみふみを繰り返し、同じ作業を何度も繰り返します。

ふみふみ1

ふみふみ3

最終的には、ハウスの天井のビニールにあたりそうになります。

ふみふみ最後


わらを敷き詰めて完成です。

完成


横140cm縦180cm高さ90cmの温床の枠に(内側)
軽トラ2杯の落ち葉と、軽トラ1杯の牛フンが入りました。

ちなみに、軽トラの荷台には、コンパネで高さをあげています。

予想以上の資材が要りました。

普通に購入すれば、かなりの値段がするのでしょう。

今回は、
写真でわかる金子さんちの有機家庭菜園
金子 美登

という本を見ながら作りました。

他にも、やり方は多くあるようです。

無事に発酵して、温度が上がれば良いのですが…。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

温度計はぶっさしましたか?
成功を祈ってます。

<shiigeさんへ>

時々ぶっさしております。
まだ、思うように温度は上がらないです。

心配です。
非公開コメント