FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2012.02.19 23:46|作業日誌
2月13日~2月19日


今週の主な作業
小松菜、大豆の出荷
タラの芽の水耕栽培の管理
牛フンもみ殻堆肥受領(フローラ世羅)
温床に米ぬかとお湯を投入

その他
パーマカルチャーの勉強会
広島なずなの会の例会参加
炭焼き体験(Oプロジェクト)
熊手作り(三原市の坂本農場にて


今週は、JAに小松菜の初出荷となった。

思えば、近所のハウスの農家に見学に行き、良くわかっていない状態で播種。
そして、播種の失敗。
かろうじて出た物を、全て掘り植え治しをして、やっと収穫となった。

防除のタイミングも分からず、結局無農薬。

時期が良かったので出来ているが、春~秋の時期に作れば、全滅であろうと思う。

小松菜(JA出荷)

なにはともあれ、出荷出来てホッとしている。

しかし、トウ立ちの早い品種もあるので、一気に出荷してしまわないといけない。

一人で流れない作業で出荷するので、出荷数に限界があるが、
なんとか、出荷したいと思う。


土曜日は、雪の降る中小河内で行われた炭焼き体験に息子と参加した。

将来的には、自分で炭窯を作り、田や畑に撒くつもりである。

勉強の為に行ってみたが、息子もいるわ、寒いわで、行っただけとなってしまった。

炭焼き1

割箸を炭にするという面白い事をしている。

炭焼き2




その後、またあそこへ行ってしまう。


吉田神楽団さんと

神楽門前湯治村である。


春から忙しくなれば、土日も休みも無い生活が始まるのは分かっているので、
行けるときに行きたいと思っている。


日曜日には、三原市の有機農家の坂本さんの所へ行き、
熊手のワークショップに参加した。


熊手ワークショップ1


皆さん、とても真面目?に先生の言う事を聞き?頑張っていた…?

おかげで、不器用な私も、熊手ならぬ、猫の手くらいの物は出来た。


熊手ワークショップ2

1番右のが私のです。


その後、夕食をご馳走になる。


同世代の有機農家が集まり、とても楽しい時を過ごした。


新しい家では、このような集まりを出来るようにしようと勝手に想像しつつ、
また明日から、一人農業が始まるなと寂しくなりながら今週も始まる。


※現在販売できるもの

「無農薬無化学肥料」
大豆(残り3kg程になりました。)
小松菜(ハウス)
ほうれん草(ハウス)
ほうれん草(露地・食べるところがないくらい少ないです)
白ゴマ(選別が大変な為、少量出荷です。一袋25gを選別するのに2時間はかかります。)


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント