FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2012.03.11 18:37|作業日誌
3月 5日~3月11日


今週の主な作業
小松菜の出荷(JA)
確定申告作業
トウモロコシ播種準備
苗土作り
トウモロコシ、トマト、茎ブロッコリー、レタス、春菊の苗作り(播種)



その他
3月10日・11日
第40回 日本有機農業研究会に参加


トウ立ちが心配されていた小松菜も、無事にJAに出荷出来た。

ひとまず安心である。

良く、「作物は愛情をかけてあげる」と、言いますが
進化の過程を考えると、植物は大先輩であり、
人間が愛情を持ってあげると言うのはどうなのかなと思ったりもします。

人間が、あれこれとする事が、植物にとって良いものかもわかりません。

深く考えれば考えるほど迷路に迷い込むとは、この事でしょう。


案外、何もしない方が良く出来るのかもしれません。


3月も上旬に入り、夏野菜の準備を始めた。

苗土1

山から、腐葉土と山土を取ってきて、堆肥ともみ殻クンタン、少量のボカシ肥を入れてふるいにかけます

苗土2


苗土は、種が初めて出会う土と言うことで、病気予防の為に、消毒したりするのだが、
菌がいっぱいいるのもありかなと甘い気持ちで、そのまま使った。

この結果が良いのか悪かったのか、直ぐに結果も出るので分かりやすい。

播種

今回は、焦らずに播種をする。

苗床


踏込み温床の上に置いて、暫く待ちます。


発芽


3日ほどしたら、茎ブロッコリーやレタス、春菊が芽を出した。

先ほど、植物は大先輩と書いたが、
発芽したものを見ると、とても愛おしくなる。

種をまけば発芽する。

当たり前のことだが、それが嬉しい。

トマトは、根切りをして移植するので、しばらくは注意深く見ていこうと思う。


土日は、日本有機農業研究会の第40回大会が神石高原町で行われた。

第40回大会


初めのうちは、参加者が少ないような感じであったが、結果大盛況であった。


わしは、農業の技術を本から勉強しているのだが、
「え?あの人、本出している人じゃないか?」
という方がいっぱいいた。

やはり、全国大会に集う人は違う。

そして、原発により被害を被った方の話を聞くと、胸に詰まるものがあった。


「犠牲者は我々だけで良い…。」


一言一言、身にしみる思いである。



わたしが、のうのうと農業が出来ることに感謝をしつつ、
「魅力ある農業の探究」を意識した農をしようと決意し今週も始まる。



※現在販売できるもの

「無農薬無化学肥料の作物」

ほうれん草(露地物が収穫出来ます)


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント