FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

竹林の整備

2012.03.18 21:06|かぞく・こども
今週から、ぼちぼちと新しく住む家の手入れをすることにした。
今までは、家の下の方が手入れをしていてくれた。
おかげで、とても綺麗な状態で保存されていた。

しかし、裏山の竹は伸び放題である。

整備前

見事に、家が隠れてしまっている。

チェンソーという、現代の利器があるが、
まだ素人なので、竹用のノコで、一本ずつ伐ることにした。(ノコにも種類があります)

竹の切り方

竹は1メートル残し伐る。
本当は12月から2月までにこの作業をすると良いらしい。
竹が寝ている時期で、伐られたことに気がつかないらしい。(そんなばかな!)

そして、今までと同じように水を一気に吸い、何故か竹が枯れてゆくのだそうな。

地上際で伐ると、草刈りも大変だし、足を引っ掛ける事がある。

この長さで伐ると、そのような事は無いが、
竹を伐り出す作業をしていると、危うく転びそうになり、何度か背中に刺さったので、
一長一短だなと思う。

そして、5時間程かかり
家を邪魔しそうな竹は全て伐り終える事ができた。


整備後1


なんだ、殆ど変わっていないじゃないかと思うのだが、違う角度で見ると、


整備後2
整備後3


まぁ、言うほど変わってはいない…。


今回伐った竹は、

竹たち


全て積み重ねている。

また、時間をみて枝を落とし
竹炭にしようと思う。


以前、吉木椎茸農園さんに、竹を焼く窯を作る為に、ドラム缶を頂いていた。

まずは、出来た竹炭を家の床下にでもまいてやろうかと思っている。

しかし、いつ窯が出来るのだろう?

先は長い!


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント