FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

果樹剪定講習会(自然栽培)

2012.03.18 21:54|研修・勉強会
一昨年、ナチュラルハーモニーが主催する、
「自然栽培セミナー」に参加した。

その時に、広島から道法さんが来られ、少しだけ話をしてくれた。
植物ホルモンをコントロールする見事な理論で、とても勉強になった。
いつか話を聞きたいなと思っていたところ、
去年、呉で道法さんの講演会を開いてくれた。

そして、実践編と言うことで、福山市内海町で剪定講習会があった。

道法さんの本は、持っているし、その理論や実践も理解していたつもりであった。

道法正徳(ペンネーム:川田 健次)さん プロフィール
昭和28年2月13日生まれ。
52年、広島県営研修農場の果樹コース入学、52年卒業
52年、広島県果実農協連合会、技師として入会
木江町農協、能美島農協、瀬戸田町農協、広島果実連本会広報課、広報課長、購買課長を経て平成17年退会。
平成17年、㈱りょくけん入社・販売部次長
平成21年、独立-アグリカルチャーコンサルタント(株)グリーングラス設立

(今回の講習会のMLから引用)

JAを指導する立場の広島果実連の出身で、指導中にどうも肥料が悪さをするのではないかと思い、
自分の思いで、栽培指導にあたったそうです。

自然栽培と言うのは、「無肥料」「無農薬」栽培の事をさします。

大きくまとめてしまうと、有機農業のくくりにはなる。
無肥料で出来た作物は、化学物質過敏症の方でも、安心して食べられると言われている。

無肥料栽培といっても、「自然農」「炭素循環農法」「MOA自然農法」と、何種類かある。
(農法にこだわる必要はないと思います。みんな安全でおいしい野菜を作ろうとしているのですから)


座学を2時間ほど行ってから、実際に剪定方法の講習に入る。


実技1

皆さん、熱心に聞きいる。


実技2

するするっと木に登る。

実技3


気がつけば、一番てっぺんに登り、剪定を行う。

剪定に迷いが無く、とても早い。


実技4


何種類かの果樹を、剪定し終了した。


「百聞は一見に如かず」と、言いますが、やはり本で勉強するのと、
実際に見て勉強するのとでは、理解度が違う。

私は、農文協の本を片手に有機農業をしているが、
実際に、農家研修に行けば、また違った吸収の仕方をするのであろうが、
そんな事を言っても無理なので、言っても仕方ない。


今回は、講習会も素晴らしいものであったが、
もてなしが素晴らしかった。

昼食1

昼食は、地元で採れた新鮮野菜や魚。


昼食2


これを喜ばない方は居ないだろう。
とても美味しかったです。ご馳走様でした。

今回の講習会は、福山市内海町と言う所で行われたのだが、
限界集落で、子供が少ないと聞いた。

どこも抱える問題で、他人事ではない。

大多数の人は、自然の豊かな所で暮らしたいと思うのだろうが、
現実を考えると難しくなるのだろう。

来る事が出来るのは、第2の人生の方が大半だと思う。

自然栽培の剪定方法はスッキリとしたが、違う問題に直面して、
常に考える事が答えかなと、良くわからない答えをだして、この場は終わりたいと思う。

コメント

非公開コメント