FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

ニンニク収穫!

2012.06.07 00:03|作業日誌
DSC_0357.jpg

森のようちえんに出発する前、時間があったので、
パジャマのまま外遊びするハルさんをそのままに、農作業用の帽子をかぶって家の前の畑へ。
ニンニクを収穫します。


なぜだかここ二日、連続してニンニクの夢を見ていたのです。

一日めは、どうやって収穫したらいいのか?
収穫適期、収穫後の処理の仕方を調べなきゃと思わせる夢。
二日めは、どういうニンニクがいいニンニクか?
ニンニクの病気、こうなってたらマズイという状態を調べておこうと思わせてくれた夢。
調べてみたら、サビ病とか、いろいろあるらしい。。

これは、ニンニクの畑に宿る神様か仏様が見せてくれた夢かもしれない。


早速、ニンニクを引っこ抜いてみました。
いい感じに育ってる!デカい!
スポンスポン、妊娠8か月の腹に力をいれて、妊婦、モウレツにニンニクを抜きました。
あたりは一面、ニンニクのかおり~。

DSC_0371.jpg

あっという間に、ニンニクの山。
ホワイト六片という品種で、大きいものでは私のこぶしほどもありました。わおー。

ところで、驚いたことに…。

DSC_0364.jpg

トウだちしたニンニク(花芽が出きってなかったのでそのままにしていた)の先のほうが
膨らんでいたので、何気なく皮をめくってみたら、小さいニンニクが~!
これ、ムカゴ方式というか。
地下に子ニンニクがいっぱいできるだけじゃなくて、
茎の上のほうにも子孫を残す仕組みがあるんだ~!と、いのちの神秘に朝から感動しちまいました。


その後…大慌てでハルさんを着替えさせ、車に飛び乗って森のようちえんへ。
私の指先、ニンニク臭がしていました。

テーマ:循環系農業
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント