FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひろりんたわし 入荷しました♪

2012.06.12 18:01|販売・イベント
ひろりんたわし

森から田畑、そして川、海、そしてまた森…の循環を大切に考えて
無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てている咲とやま農園に、新しい商品入荷です。

知る人ぞ知る ひろりんたわし です☆

こちら、岐阜県の羽島市でつくられているアクリルタワシ。
でも、一般のアクリルたわしとは大きな違いがいくつもあります。


まず、とにかくエコ!
普段の食器洗いとして使うなら、石鹸や洗剤をほとんど使わなくても
ちょっとした油汚れがきれいになってしまうので水を汚しません。

おまけに、原料も、新品のアクリル毛糸を購入してつくられているのではなく、
モクモクと黒煙をあげて焼却廃棄されていた紳士服工場の残糸を譲り受けて編まれたものなので、
大気汚染の防止にも一役買っています。


そして、使い勝手。
約9センチ×14センチですが、薄手の編み地で手馴染みが抜群によくてコンパクト!
コシもあり、大きな面から細かなところまで、隅々しっかり磨けます。
水切れよく、汚れたら普通に洗濯もできるので、清潔に保てるのも大きなポイント。
私も2年ほど前から毎日使っていて、洗い替えのため3枚をローテーションしていますが、
今もどれも現役で使えているほど耐久性があるのです~。


それから、使える場面の多さ。
食器洗い、野菜の泥落とし、湯のみの茶渋落とし、シンクの水垢落とし、お風呂洗い。
キュキュッとこするだけで、驚くほど汚れがきれいに落ちます。
この驚きは、使ってみてのお楽しみ!としか言えないのですが、本 当 に ス ゴ イ んです!


このひろりんたわし、咲とやま農園では1枚140円(税込)で販売します。
野菜との同時購入で1枚120円でお分けしますね。

14日(木)の森のべーぐる団ワンデイショップから販売します。
送料と代金振り込み手数料を負担していただける方には、
お送りすることもできますのでお問い合わせください。
satoyamanouen@yahoo.co.jpまで。


洗い替えを含めて2~3枚まとめて購入されることをオススメします♪

テーマ:エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ひろりんたわし 入荷しました♪】

森から田畑、そして川、海、そしてまた森…の循環を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てている咲とやま農園に、新しい商品入荷です。知る人ぞ知る ひろりんたわし です☆こちら、岐阜県の羽島市でつくられているアクリルタワシ。でも、一般のアクリルたわし...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。