FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

広有研生活部会 桜の山農場見学レポート☆

2012.07.09 01:08|研修・勉強会
DSC_0710.jpg

7月1日(日)に広島県有機農業研究会(広有研)生活部会のイベントで出かけた
三原の桜の山農場の見学会。

わたくし、ツマの千穂が、生活部会副部長(のひとり)として広有研のブログに
レポートをアップしましたのでお知らせしま~す。

http://hiroyuken.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-9178.html

…お断りしておきますが。。。
んもぅ、絶対絶対オススメ記事!ですっ。

すんごくステキな、私にとっては理想的な、だけどもどこまで近づけるかしら…の、
桜の山農場・坂本さんちの暮らしぶり。

とにかく素晴らしいので、ぜひぜひ上のリンク、ぽちっと開いてみてください。
写真もいっぱい載ってます~。


でもせっかくじゃけん、あっちに載せきれんかった写真をこちらにもちょいと載せておこう♪

DSC_0699.jpg

坂本家のキッチン☆


DSC_0717.jpg

車の燃料の天ぷら油をこしたティッシュ。これがぬかくどやロケットコンロの種火になる。


DSC_0737.jpg

DSC_0878.jpg

別のコンロで煮込まれていた、桜の山農場特製、とんこつスープ☆
…めっちゃおいしかったぁ~♡

コメント

ご報告が遅れましてもうしわけありません、
コピペですが、『チャリティーバザーありがとうございました!』http://t.co/qRdkmPSK
来年もやる予定ですので出来ればまたお願い致します♪

<みのむしさんへ>

来年にどのような物を作っているかわかりませんが、こちらこそ宜しくお願いします。
おかげさまで、とても楽しい2日間でした。

はじめまして、炭素循環農法で調べたら辿りつきました。廃菌床を畑に撒くと、やはり違いますでしょうか?自分も今検討中でして、もし宜しければ効果の程を教えて頂けないでしょうか?

<ともさんへ>

私の試験圃場は、もともと水田でした。
土については2年目でしたが、とても良くなってきた印象ではあります。

しかし、病害虫、成長の速度から言えば、有機栽培の方が良かったです。

2年目が一番厳しい時期と言われていたので、この時期を乗り越えれば良かったかもしれません。

少ない面積であれば、試験的にやってみるのもありかと思います。

排水対策は徹底的にした方が良いという印象です。

お返事ありがとうございます。
やはり直ぐに効果が出ることはなかなかないのですね。
為すのであれば試験的な畑で為してみようと思います。ありがとうございます。

<ともさんへ>

ナチュラルハーモニーが主催する自然栽培セミナーに参加した事がありました。

いくら良いと感じても、経営できるベースは残して試験栽培してくださいと言われました。


無肥料栽培は、土壌汚染の心配もないし、理想的な農だと思います。


しかし、経営に乗せるまでの期間は長いと思います。

炭素循環農法は、菌床、高炭素資材をもらい、まくと言う作業が、結構面倒ではあります。

畝を作りかえる必要が無いのは、とても楽でした。

全ては経験ですので、試してみて、合っていたらやるのもいいと思います。

お返事ありがとうございます。
ひとつ気になるんですが、炭素循環農法は、炭素素材、例えば廃菌床などは定期的に投入し続けないといけないのでしょうか?ある程度土が出来た段階で投入を辞める事も出来るのでしょうか?投入し続けないといけないという事になると、ある意味肥料に似ているのかな?と感じてしまう部分もあります…。

<ともさんへ>

返事が遅くなり申し訳ありません。
詳しくは、「炭素循環農法」と、調べてみると、しっかりとしたサイトが出てくると思います。そこにビッシリと理論が書いてあります。結論から言うと、廃菌床は必ずしも入れる必要はありません。生の高炭素資材を表面に置き、レイキなどで軽く混ぜるだけです。土の中にも菌は居ますので、彼らに餌を与えれば良いと言う考え方です。しかし、そのスピードを増すために、ある程度の廃菌床があると良いですね。私は、後半は菌床は入れていません。剪定チップの放線菌がまわった白い状態の物を、表面に置き、手で土と混ぜ込みました。
土は急速に良くなってきた印象ではあります。
秋のトウモロコシを作りたいが為に、肥料を投入してしまいましたが、とても良い土で扱いやすくなりました。また、何かあれば連絡ください。
非公開コメント