FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2012.07.31 22:14|作業日誌
7月23日~7月29日
 

今週の主な作業

耕運(広島菜)
有機栽培地区(ヒエ取り)
太陽熱消毒(ハウス)
かぼちゃの畝にマルチ掛け
かぼちゃの定植
草刈り


その他

第2子誕生(7月27日)


7月27日に、待望の第2子が誕生した。

今週は、そわそわして、特に実の入らない週となった。


トウモロコシを作ったハウスを、太陽熱消毒する。


去年もやったのだが、米ぬかをまき、水を潅水して、透明のマルチで覆う。
それだけだが、少し欲張って、籾殻牛フン堆肥をまき、納豆菌をまいてみた。
納豆菌と言うと、恰好が良いが、納豆と水をミキサーでかき混ぜて、ジョロでまいただけである。


米ぬか

太陽熱消毒

それ以外は、秋用のトウモロコシの畝を作り、マルチをはる。

トラクターでマルチをはる機械があるのだが、その調整の為に何時間もかけて行った。


その間、監督が乱入


「大体、そんな機械に頼ってんから、あかんのじゃ」
「昔の人は、こんな感じでやってたんや!」

こうだ1
こうだ2
どう?

「わかったか!」と、言われている感じがする。

見ている方は、クワで足を刺すのではないかと不安になる。


今年は、無農薬無化学肥料の米作り、野菜50種類、そして第2子と目白押しである。

予想通り、全てがぼやけてしまっている。

おかげで、わかった事もあるので、来年の作付に反映しようとは思っている。


毎日、寝不足の様な気がしているわしだが、そうは言ってられないなと弱気になりながら今週も始まる。


にんまり




ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント