FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2012.08.05 22:19|作業日誌
7月30日~8月 5日
 

今週の主な作業

播種(人参・トウモロコシ)
かぼちゃ定植
有機米に竹酢液散布
法人の米(防除)
白ネギ・赤ネギ・大豆の中耕・土寄せ
露地のトマトの回収(苗を間違えて植えた為)
ハウストマトの支柱立てのやり直し・誘引



その他
消防団の訓練・点検日
息子と神楽門前湯治村へ行く


今年、小麦を作った所に秋に収穫できるかぼちゃを植えることにした。

周りからは、
「かぼちゃを今頃植えるん?」
「今頃収穫するのに…」
と、言われる。

ごもっともな意見である。

もともと、日本で多く作られる西洋かぼちゃは、アンデス山脈高地の冷涼な土地で栽培化された種で、
日本では、北海道のような所が産地となる。

だから、この時期のかぼちゃは、暑過ぎて糖分を消費してしまい、しかもベチャベチャになってしまう。

寒暖の差が大きくなる秋に収穫できるかぼちゃは、理想的な時期となるのであるが、
時期を逸してしまうと、収量が極端に減ってしまう。

どちらにしても、手のあいた時期にやろうと思うと、結構都合が良いと言うのが正直な所なのだが…。

自分も食べた事が無いので、なんとも言えないし、事実まともに作ろうと言うのが初めてなので、
なんとも言えないのが本音である。

冬至かぼちゃ

植え付けてみたものの、日照りが続き、根が張る前に枯れてしまった物がある。

そろそろ、雨が欲しいところではある。


以前植え付けた白ネギと赤ネギ・大豆の畑は、大変な事になっていた。

(白ネギ・赤ネギ)
ネギの畝

(大豆)
大豆の畝


大急ぎで、耕運機で耕し三角ホーで土寄せする。

(白ネギ・赤ネギ)
ネギの畝・後

(大豆)
大豆の畝・後

盆前にやる事が多くて、結構フラフラな毎日だが、
赤ちゃんが生まれて、なかなか遊んでやれない長男を連れて、神楽を見に行くことにした。

神楽と言っているが、思えば去年の今頃に初めて行った程度である。


久しぶりだからであろうか、

神楽を見る前

暫く、礼をする。

なんとも律儀ではないか。


神楽を見ているとき


そして、いつもの通り正座で鑑賞。


子供神楽に入ってみるかと聞いてみるが、
今は見るだけで良いと言う。

神楽以外の所へも行っていやらないとは思っている。


なかなか畑の作業が追い付かず耕作放棄地の様になり、
家族サービスも思ったように出来ないと自覚しながらも今週が始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント