FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2012.11.12 23:14|作業日誌
11月 5日~11月11日
 

今週の主な作業
JA出荷米の調整作業
広島菜収穫・出荷
土壌診断用の土の採取
白ネギ土寄せ
白菜の定植

その他
実家に帰省


最近、朝晩がかなり冷えてきた。

なんだかんだと忙しく、暑くて死にそうになるが、夏が楽しかったなぁと懐かしく思う。

米がひと段落し、次は施設野菜の栽培の準備にかかる。


稲の苗を作るハウスで、小松菜や水菜やほうれん草を作る予定であるが、
種を蒔けば出来ると言う問題でもない。

施設野菜のプロ集団が近所には居るが、その方に聞いてこれば出来ると言う問題でもない。

稲の忙しい時期以外は、ハウスで野菜を作ってもらいたいと言われれば、
私は、別の道を探さないといけないと思う。


夏の時期から、しっかりと準備が出来ていれば良いのだが、
結局、この時期からの準備となり、出荷は2月くらいになってしまう。

皆さんからのアドバイスは多く頂くのだが、
一人での作業は限界があるし、手伝ってもらえばいいと言われても、
賃金を払える様な売り上げもない。

農業は、回転するように持ってくるまで、とても大変だと思う。

とにかく、今年は法人の農業スタイルと、
自分のやりたい有機栽培の両方を経験できた良い年になったので、
来年に生かして行ければと思っている。


その他は、妻の「森のようちえん全国フォーラム」(兵庫)の送迎につきあい、
久しぶりに実家に帰った。

盆は帰れなかったので、かなり久しぶりとなった。

片道800キロ程度の長旅で、距離に比例しないような時間がかかり、
息子は、気絶するように寝ていた。(片道12時間程度)

気絶中

母と、久しぶりのゆっくりした休日を過ごす。

母と

小さいころから心配をかけ、大人になった今でも迷惑をかけている。
いつ親孝行出来るのだという状態で、非常に申し訳ない。


実家でゆっくりしていると、
息子が絵を描いてくれた。

絵

「象さんか?」と、口から出そうになったが、
「これは?」と、聞くと、

「ぱぱさん!」と、言った。

「これ、象さんだろう!」と、出そうになったが、
初めてであろうパパさんの絵を描いてくれたので、

「上手に描けたね!」と、言って頂くことにした。


「そんなわきゃ無いだろ!象さんだろ。良く見ろよパパさん!」と、
思っているかもしれないが、私の知るところでは無い。


動物園にいるカンガルーをみて、
「私はカンガルーになりたい」と、
思いながら、今週も始まる。

カンガルー



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント