FC2ブログ
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2012.12.03 23:00|作業日誌
11月25日~12月 2日

今週の主な作業

播種(小松菜)
ハウスの土作り(トウモロコシの後に小松菜を蒔く予定)
草刈り
肥料散布(来年の稲の準備)

その他
消防団忘年会(湯木温泉)
イベント出店用の資材の調達・練習


一般的には、12月に入ったとの事で、
自分の時の流れと、カレンダーとのギャップに困惑している。

ああ、懐かしい夏。

暑い暑い。
このままでは死ぬぞ!と、思いながらも、
朝は6時から夜は19時30分くらいまでゴソゴソと出来た。

今は、起きれば7時30分!(朝日が弱くて起きられません。)
夜は17時

単純に4時間ほど、ゴソゴソと出来ない時間が出来てしまい、
法人の作業で手いっぱいになり、自分の畑は何にも出来ない状態になっている。

そうは、言っても
来年の土づくりの為のことしかやることは無い。

来年は、いよいよ自給用の野菜を本格的に作らないといけないので、
今のうちに、1年分の圃場を準備したいと思っている。
(今のマスオサン状態から脱却します)

種取りもしたいので、自給用は固定種を作るつもりである。

別に昔の品種が本来の野菜の味だからとか、命が繋がるというな野菜が良いと言う理由ではなく、
ただ単に、自分で食べる分くらいは、種を買わないでやりくりしたいと言う、
やましい心からである。

昔の農家は当たり前のようにやってきた事である。

当たり前の事を当たり前のようにやりたいだけである。


法人の作業では、ハウス野菜の播種をしている。

播種1

播種2


真空播種機というハイテクな播種機を使っている。
さながら、ガンダムのザクの様な気分である。

背中にしょっているのは、バッテリーと真空ポンプで、
種を一粒づつひっつけて種を蒔く。

去年は、播種機が壊れていて、一か所に種が落ち大惨事になった。
大惨事になった記事

冬場のハウス野菜作りは、虫の影響も無いので、去年は全て無農薬で出来た。

別に、私が凄いのではなく
周りのハウスの方も無農薬だと思う。

今年は、2年目になるので、
もうちょっとまともに作れればと思っている。


その他は、来年の稲作りの為の肥料まきを行う

肥料散布


ブロードキャスターという、肥料を散布する機械を使う。

肥料を散布した面積は4町ないくらいであるが、
年内に耕運しないといけないのが大変な作業である。

来年も、無農薬無化学肥料の米を作らせて頂けるとのことであるが、
本当は、稲刈り後に堆肥をまいて耕運したいのだが、
どうしても、この時期までずれこんでしまう。

ワラを少しでも分解させるためには、
ある程度気温の高い時期に鋤き込みたいと思っている。

今年は、思うように出来てはいないが、
来年の計画を立てる時には、この時期の作業も見越した計画をしたいと思う。


私が担当した「無化学肥料・無農薬米」を、
しれっと「第14回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 木島平村」に出品していた。

他の厳しい食味分析機で「S」という最高ランクであったが、
コンクールにノミネートされることなく、空しく終わる。
そろそろ分析表も届くと思うので、それをみて励みたいと思う。

まぁ、作業的に不十分な所もあり、
まだまだ使いたい資材も使っていないという余裕もある。
(来年はこうはいかないだろう…。)

米作り2年目の初心者のくせに、
自信だけは金賞に選ばれそうになりながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント