FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2013.02.04 21:45|作業日誌
1月28日~2月 3日

今週の主な作業

トウモロコシの圃場の候補地の計測
JA米栽培の農談会(JA戸山支店)
米ぬか取り
イチジク苗の受領・圃場見学
籾殻受領
畑の堆肥散布
柿の剪定


その他

長男と釣り
長男・次男急病にて病院通い


月曜日は、久しぶりに大雪が降った。

雪景色

愛知から引っ越してきて初めての年は、
記録的な大雪の年だったようで、どんだけ雪の降る所だとビックリしていた。

今年は、多少は雪が降るが、こりゃ積もったという感じの時は少ない印象である。


しかし、ハウス野菜は気温の変化を微妙に感じていて、
なかなか成長しない。

ほうれん草

水菜

無化学肥料無農薬のほうれん草と水菜は、やっと収穫出来そうな大きさになった。

この時期しかハウスで野菜を作らないのだが、この時期だから病害虫の心配が少なくて、
野菜が出来ているということは良くわかる。

春先になると、やはりアブラムシが何処からともなくやってくる。

こちらの小松菜は、収穫出来るのかと不安になる。

小松菜

大して量を作っていないので、一気に勝負は出来るのだが、
ここ最近、寒いと思っていたら、一気に春先の様な天気になる。

季節が極端に変化してゆく印象を受ける。


白ネギしか植わっていない露地の畑の耕作放棄地部分に、
やっと、堆肥を散布した。

堆肥散布


今年こそ、単品目しかない畑ではなく、
色々な野菜たちが居る、賑わしい畑にしたい。

石の上にも3年と言われるが、
とうとう農業を始めて3年目に入る。

今年は、今までやってきた実験を結果として出そうと思う。

「農業は毎年1年生」と、言われるので、
自然を甘く見ずに、データをしっかりと取ってゆきたいと思う。

土曜日は、農業全般の監督の長男と釣りへ行く。
急に釣りがしたいと言いだした。

神楽ばかりではなく、色んな経験をしてもらいたいので、
やりたいと言うことは、基本的にやらせてあげたい。

釣り

わしの親父の釣り竿(アポロ3.3という怪しげな釣り竿)を、
小さな体で使っていた。
(わしが子供の頃からあるので、たぶん30年は経っている)

成果

成果としては、キス1匹、コチ1匹であったが、
成果以上に満足げな印象を受けた。


日曜日には、玉ねぎの畑に籾殻クンタンをまいていた。

私が畑に居ると、監督はいつの間にかやってくる。
あれやこれやと知ったことを言うのだが、
なかなか理にかなっている事を言うので、
案外、私より上手に作物を育てられるのでは?と、思う。

作業中に、
どこからともなく声が聞こえる。

「堆肥要りませんか?」「堆肥要りませんか?」

ガラガラ言わせながら、ダンプで搬入してくる。

堆肥運び

「堆肥くださ~い」「ここに置いてください」

ちょっとめんどくさいなと感じる時もあるが、付き合ってやる。

堆肥運び2

「はい!ここですね~」
「ぅうぃぃいい~ん」

堆肥運び3

「はい!1円です」
「ありがとうございます!」


いつまでこの様に、わしに付き合ってくれるのかわからないが、
「ぱぱさん、一人で寂しいでしょ…」と、言って
作業をしてると寄って来てくれる。

一転、長男が車で遊ぶ時、
一緒に遊ぼうよと言われても遊んであげてないなと感じる時もある。

子育て、親育てという言葉があるのだが、
長男を通じ、自分の器の狭さを感じつつ今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント