07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.02.11 22:44|作業日誌
2月 4日~2月10日

今週の主な作業

籾殻発酵の為の仕込み
タラの芽の栽培管理
野菜出荷(greenbridge)
ボカシ肥の仕込み
JAの野菜市への野菜出荷


その他

長男と釣り

建国記念の日奉祝式典 建国を祝う集い
(広島国際会議場フェニックスホール)に参加

長男の5歳の誕生日


冬場の農家は、とても暇だと言われるのだが、
わしの2月の予定はビッシリと埋まっている。

農閑期にこれだけ働いてしまうと、どうなるのだと不安になる。

まずは、籾殻を発酵させるための仕込みをした。
詳しくはこちら(戸山の郷 通信

籾殻仕込み1

籾殻仕込み2

籾殻仕込み3

籾殻仕込み4

ずらっと写真のみ載せたのだが、
籾殻に米ぬかと発酵液を混ぜただけである。

同時期に、今年使うボカシ肥料を仕込む。

おから

おからに米ぬかと

綿実油粕

川合肥料で購入した「綿実油粕」と竹パウダーと籾殻クンタンを混ぜる。

竹パウダー

うんちくは凄い監督と作業をする。

ボカシ肥仕込み1

4歳なのに、イセキの帽子をかぶる子供は、そうは居ないだろう…。
9割以上は邪魔をするのだが、これっと言う時に頼りになる。

混ぜた後の様子

これを好気発酵させる。
無駄に高温にすると、ただの燃えカスになるので、せいぜい60度以下に管理したい。

土曜日には、農協の戸山支店の前で朝市?(一日中外に出しっぱなし)をやると言うので、
野菜を出荷させてもらう。

白ネギ
水菜
ほうれん草

お客さんは、全て地元の方であったとのこと。

野菜の揃う春までには、認知されるし、
出荷する農家もなれるであろうとのこと。

出した野菜は、義理で買って頂き、
全て完売した。

無農薬・無化学肥料でもちゃんとした野菜が作れると言う事を
アピールしたいし、今後は勉強会なども出来れば良いなと夢を見る。

ほうれん草

水菜

素人でも、これだけの野菜が出来るので、
近所のお母さん方は、コツをつかめば、楽勝で出来るだろうと思う。

土曜夜には、私の白ネギをつかってくださる「やまとら」さんへ食事に行く。
やまとら

やまとら3
やまとら2
やまとら1

これでもかと、ご馳走になった。

美味しいのは言うまでもないが、店員さんの気がきく所や、
価格もリーズナブルで、近所にあれば毎日行くのだろうと思う。
(毎日は嘘です…。毎週くらいです。)

やまとら


日曜日には、また長男と釣りへ行く。

今回は、投げるとビンビン当たりが来るので、
何かと思いきや、

フグ

フグであった…。

それから、何か所か場所を変えてみたが釣れず…。

戦意喪失

完全に意気消沈し、戦意を失った息子

良く見ると、

ひょっとこ

ひょっとこの顔をしていた。


この長男も、11日で5歳となった。

人の寂しさのわかる、とても優し子で、
少し調子に乗る所があるが、いつも可笑しげな事をして人を笑わそうとしてくれる。

勉強より、もっと大切な事があると思う。

そういう意味で、妻がやってくれている
森のようちえんという活動が、
とても良い経験になっているのだろうと思う。
森のようちえん まめとっこ

今は、畑にいると寄って来てくれるが、
そのうち、部活とかで忙しくなり、
わしの事は見向きもしなくなるんだろうなと現実に戻りながら、
今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。