FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2013.02.19 23:13|作業日誌
2月11日~2月17日

今週の主な作業

籾殻発酵の管理
タラの芽の栽培管理
野菜出荷(greenbridge)
有機栽培地区畑の耕運・米ぬか、堆肥散布
フォークリフト講習(コベルコ)


その他

体調不良にて休養


先週仕込んだ籾殻は順調に発酵しているようだ。
(細部はこちら⇒「農事組合法人 戸山の郷 通信」)

気温が一桁台なのに、平気で60度超えてしまう菌の力は凄い。
作業に来た方達が、
「酵素風呂みたいだな~
この中に入れば体の調子が良くなるのでは?」と、
いうほどである。

いつでも土に返す事が出来るとのことで楽しみである。
有機栽培の米の地区と、
有機栽培露地畑・ハウスにて比較栽培を予定している。

しっかりと、作物の育ち具合を考察したい。


2月に入り、ハウス野菜が出荷できる状態になった。

ほうれん草
(2月11日の写真なので、今はこれの半分くらいです)

生育が揃わないので、収穫もバラバラである。
プロの方は(私はアマ)冬場には、
ハウス内でも不織布という物をかけている。
一人作業になると、何かと面倒な作業なのでやらなかったが、
来年は検討してみたい。

畑に入れそうな時を選び、
私の進化の問われる有機栽培畑の耕運を行う。

その前に、
春~夏用の区画に籾殻クンタンと堆肥と米ぬかを散布する。
籾殻クンタン散布

大体、大雑把な性格で、散布の仕方も適当ときている。
『適当』とは、的を得ているということなので、
不適当とでも言おうか?

本来なら、太陽熱消毒をしようと思っているのだが、
透明マルチをかける前に春が来てしまいそうな予感もする。

今年は、野菜の苗用に温度をかけるための温床も作っていない。

自然の気温の流れにまかそうということだが、
それにより、周りの農家との差が開くであろう。
それは仕方ないので、しっかりと土を作っておきたい。


その他は、フォークリフトの講習に行く。

久しぶりの講習で、
やたらと真面目にやりすぎたなという印象はある。

学科では、眠い目を擦りながら、完全に講義を受ける。
(隣の人は、寝ている時間の方が多かったが、学科は受かっていた)

実技では、すでに習得済みの技能であるので、特に問題ないのだが、
初めてフォークリフトに乗る子もいた。
初めての左折で、
一周したり(タイヤの切れ角が大きいので、ほぼその場で回転する)
台にぶつかったり…。

そのような子でも、試験までには上手になる。

恐らく若いからだろうが、
レバーの操作だけでも、慣れるのにはかなりの時間はかかる。
(教官が、40才を超えると難しいと言っていた)

人間は、やれば出来ると言うが、
丁度この事を指すのであろう。

フォークリフトの講習ごときに、
人間の可能性を垣間見る事ができた。

そんな楽しい時間も終わり、
いつも行かないハウスを見てみると、

JA出荷用小松菜

完全に収穫適期の小松菜達が、
首を揃えて待っていた。

こちらは、JA出荷用で作っている物である。
去年と同様に、
化学肥料を使用し、無農薬で栽培している。

(別のハウスでは、無農薬・無化学肥料の小松菜も作っています。)

別に、無農薬で作ったから高くなったりするわけでもないのだが、
食べてもらう人に、少しでも安全な野菜を提供できたらと思う。

中国から、怪しげな物が飛んで来ていているが、
いよいよ、花粉症も始まるのではないかと感じつつ、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント