FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

ふるさとの窓

2013.03.26 17:33|その他お知らせ
 

おととし、近所のお茶の木から若葉をしこたま摘んできては紅茶をつくっておりました。

しばらく寝かしてたのを、ふと思い出して淹れてみた。

 


 

ちょっと発酵がうまくいってない感じだったから不安な仕上がりだったけど、

うん、まずまず、紅茶にはなっとる。色は薄いけど

 

 

ところで…。

昔は田んぼの畔や石垣にお茶の木があちこち植えられていて、

田植えの後の時季になると若葉を摘んで自分ちでお茶をつくりよったそうです。

私が小さかった頃には、家にお茶を煎る釜があったんだって。(母さん談)

 

おととしは、まだ昔のままの棚田があったので、

ここ2~30年の間にすっかり忘れ去られたお茶の木があちこちにあって、

それを回遊すればある程度の量の若葉が摘めたもの。

 

それが、その冬にこの辺りの圃場整備が始まって、昔から続いてきた棚田が崩され、

懐かしい景色とともにお茶の木の多くも姿を消してしまったのでした。

 


 

田んぼを縫うように続いていた大好きだった草の道が、こんなふうになってしもた(涙)

 

 

このお茶は、私にとって、私を包み育ててくれた懐かしい情景と、

そこでの家族や近所の遊び友達との想い出、

幼い私とつながれる大事な窓でもあるなぁと、そう思います。

 

と、そう思う。

コメント

非公開コメント