07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.05.29 09:09|作業日誌
5月20日~5月26日

今週の主な作業
代かき(ヒノヒカリ)
田植え(アキロマン)
無農薬・無化学肥料田植え(5月22日)
無農薬・無化学肥料米ぬか散布(5月23日)
無農薬・無化学肥料チェーン除草(5月26日)
草刈り


その他の作業
ミツバチの巣箱の清掃

法人のアキロマンの田植えが始まり、
同時にヒノヒカリの本代も始まった。

ヒノヒカリの1回目の面積は、2町7反程度である。

今年は、全ての田の工程表で管理している。
予定も実施も逐次修正してゆくので、
作業が終わって確認したいときも直ぐにできる。

今年の結果を反省する時も、良い資料となるので、
面倒な作業ではあるが、およそ100枚の田んぼの管理を
する必要はあると思う。

ついに、無農薬・無化学肥料の田の田植えとなる。
代かき後3日で、6条の田植え機を使い田植えをした。

無農薬田植え1

施肥機が付いていて、田植えをした際に、土の表面を回転するローラーでならしてくれる。
この1回は、除草機を使った事と同じになるので、
除草剤を使わない田では、効果が高いと思う。

無農薬田植え2

6畝の田が2枚で1反2畝程の面積である。


その後水をあて、1日後に米ぬかを散布した。
米ぬか散布
1反2畝で
ボカシ肥:105Kg
米ぬか:45Kgほどまいている。

ペレット状になっていないので、
中央部分は届かないので、田に入る。

米ぬか2
米ぬか3

出来るだけ均等にまいている。


田植え後4日でチェーン除草に入る。

チェーン除草1
チェーン除草2

去年は、稲の苗の活着が気になり、
7日後にチェーン除草をしたのだが、
若干遅かった印象である。

チェーン除草も、本代から計算した方が良いのかもしれない。

本代後3日で田植えで、4日後にチェーン除草をしてみた。
田の状態を見ると、
本代後7日目安でチェーン除草に入るのがベストだと感じている。

泳ぐ雑草2
泳ぐ雑草1

去年も感じたのだが、チェーンを引っ張るだけなのに、
恐ろしい程の雑草が浮き上がる。

今年は水が少ないので、かけ流しに出来ないので、
網ですくおうと思っている。

あぜ付けをしたおかげか、
田植え後に水を当ててその後一切水を入れなくても、
4日後であっても殆ど水位が変わらない。

深水にしているので、一部苗が水没しているので、
余りにも水もてが良いのも考え物である。

7日ごとにチェーン除草をする予定でいるが、
田の様子を見て決めてゆきたい。


ハウス野菜

ハウスでは、ぬくぬくと成長し、どうするん?これ?と、いう感じになりつつある。


農作業に追われつつも、日本ミツバチの掃除をした。
ミツバチ掃除1

ミツバチ掃除2

ミツバチの先生が掃除をうるさく言うのがわかる。

結構カスの様なゴミが溜まっていた。
20日に1回掃除をした方が良いらしい。

早朝に5分程度の作業で終わるので、
これは大した作業では無い。

11月に採蜜が出来るようだが、それまでの道のりは長い。

慣行栽培している田に、結構昆虫が居る事に気がつく。
ゲンゴロウらしき昆虫を見かけたり、
カブトエビも見つけた。

私が管理している無農薬の田は、山際の場所で、
案外昆虫が少ない。

無農薬・無化学肥料の田より、
農薬を使用している慣行の田の方が昆虫が多いと言うのは、
本末転倒ではないかと思いつつ今週も始まる。

カブトエビ2
カブトエビ1



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。