05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.09.08 23:47|作業日誌
9月2日~9月8日

コシヒカリ籾すり
米ぬか取り
籾殻クンタン作り
広島菜定植
トウモロコシ防除(トアロー水和剤)
稲刈り(コシヒカリ)
無農薬無化学肥料の稲起こし


その他
吉和有機農園の有機農業講座卒業生の立ちあげた
「ボカシ塾」の現地研修会(神石高原町)

安佐南区防災訓練


平成25年産コシヒカリの籾すりをした。


籾すり


ちょっと収穫が早かったので、青い米が多かったのと、
高温障害の米が目立った。

田面ライダーで、水田に溝切りをしたのだが、
それが十分に生かせていないと言うのが正直な印象である。

特別栽培米

「栽培期間、農薬・化学肥料未使用」の特別栽培米の地区は、
見事にこけた。

実りすぎというより、ケイ酸や微量要素が不足しているのではないかと思う。

こけた


慣行栽培の米とひけを取らないほどの稲なので、
有機農法の米にしては出来過ぎたのであろうと思う。

しかし、今年は食味国際大会での入選を狙っている。

思うような米作りが出来ただけに、
最後にこけたと言うのは痛い話である。


土曜日には、吉和有機農園の有機農業塾の塾生が立ち上げた
「ボカシ塾」に参加。

広島県有機農業研究会の現会長の「伊勢村」さんの圃場を見させてもらう。


ワシのバイブルの「現代農業」にも取り上げられ、
生き方、考え方も尊敬している。

伊勢村氏

伊勢村さんの代表的な「混植」の技術をみた。

混植1

小松菜と人参を蒔き、
ニンジンが出来るまでには、小松菜を集荷して、
種代を稼いでしまう。

混植2

こちらの圃場に至っては、
エゴマの畝間にニンジンを蒔く。

放任栽培のワシにとっては、
この技術は、良いとわかっても出来ない農法である。

基本的には、栽培している所には、他の草は少ない方が良いと思っている。
(現実に出来ていると言うことは別にして…)

一般的には、他の草に負けてしまい、
さらに雑草まみれになり、何処に行ったか分からなくなるのがオチである。


多くの農法があるのだが
サルまね農法では無く、
自分のポリシーで行う農法を確立できたらと思う。

今年の夏も、いつの間にか出来てしまっている農法なので、
秋野菜は、しっかりと管理してみたいなと思いながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。