FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2013.09.22 22:42|作業日誌
9月16日~9月22日

コシヒカリの圃場の耕運
トウモロコシ防除(エスマルクDF)
ボカシ肥切り返し
播種(辛み大根)
トウモロコシ除草~芽かき~電気柵の確認(草刈り等)

その他
息子と自転車の練習

VEGAN Cafeさんで食の交流会


コシヒカリの収穫が終わり、
11月上旬の強力粉「ミナミノカオリ」という品種の小麦の播種に向けて、
早速肥料を散布し、耕運をしている。

耕運

サイドリッジャーという機械をつけて、
耕運の同時に溝を切り、畝を立てると言う便利な機械をつけている。

この機械が無いと、小麦は満足に作れませんから買ってください。
これが無ければ、作業しませんと言い、法人の役員さんに懇願して買ってもらった。

私の予想以上の仕事をしてくれる。

その他は、毎日切り返したボカシ肥が完成した。
「仕込み前」
仕込み

「完成品」
ボカシ肥完成

オカラ、米ぬか、籾殻クンタンに、
種菌のEM、納豆菌、酵母菌を発酵させたものを混ぜて、
手で握ると軽く固まる程度の水加減で作った。

仕込み当初は、とても美味しそうな甘い匂いがして、
発酵が進むと、醤油の様な香ばしい匂いになる。

家庭菜園で、欲しい人が居れば、
120円のコーヒー1本でお分けします。
(量が少ないので、大した量で無いかもしれませんが…)

堆肥の欲しい方も、近所の「育土工房」さんが作られていますので、
販売も可能です。

私の野菜作りの柱にしたいトウモロコシも、
今のところ順調の様である。

「1回目の播種の畝」
トウモロコシ

「2回目の播種の畝」
トウモロコシ2

「3回目の播種の畝」
トウモロコシ3

「3.5回目の播種の畝」
トウモロコシ4

およそ、550本程のトウモロコシが出来ているが、
どの程度出荷できるような物がるのかが不安である。

肥料は、私が作った有機肥料とカキガラ、苦土石灰のみである。
雄花が見え始めた時から、「BT剤」を週に1回散布している。
BT剤の説明」(ウィキペディアより)

しかし、結局は目で見て、アワノメイガを補殺しているのが現状である。

しかし、彼らも頑張ってくれているようである。
(待ち伏せするカエル)
良い所に居るカエル

去年のトウモロコシは、7割ほど狸に食べられてしまったので、
しっかりと、電気柵の下の草刈りをした。

電柵

暑い中、手塩にかけて育てた、
栽培期間 農薬・化学肥料不使用の特別栽培米も、
やっと販売できる状態になった。
米


直近の楽しみと言えば、
日本ミツバチの採蜜の時期が迫っていると言う事である。

ミツバチ現状

普段から、ほったらかしだが、
15日に1度掃除をする。

掃除

右の方にある白い物が、巣のカス
日本ミツバチの天敵のスムシが発生しないように、
掃除をするようだ。

毎日、花粉をせっせと集めてくれるミツバチさんに感謝だけはしている。


西洋ミツバチだと、結構手間がかかるらしい。
私には、日本ミツバチくらい気ままな蜂が合っている。


日曜には、市内にあるVEGANCafeさんで、
食の交流会があった。

食の意識の高い方が来られていた。

普段、植物に話かけるか、虫に愚痴をこぼす程度なので、
人と話す機会が少ない。

特に、消費者さんと話す事は、
生産者として楽しみでもあるし、勉強になる。

とても楽しい時間を過ごさせてもらった。
皆さんの顔を思い浮かべ、野菜作りに励みたい。


話は変わるが、
長男が自転車に乗りたいと言いだし、
近所の公園に行く事にした。

補助輪を始めて外すと言う、父親としての初めての大仕事である。

よしよしと思い、補助輪を外してやると、
何処からともなく

「ふふ~ん」

長男の得意げな声が聞こえる。

ふと見ると、自由自在に乗っているではないか!


子供はほかっておいても育つと良く言うが、
まさにその通りである。
駄目な父親には、良い子が育つ!

自転車


一つの大仕事が空振りに終わり、
次男は不器用であってくれと、良くわからない事を祈りながら、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント