05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.09.30 21:38|作業日誌
9月23日~9月29日

定植(白菜・キャベツ)
播種(大根)
コンニャク掘り
トウモロコシ防除(エスマルクDF)
トウモロコシ狸対策(電柵の調整)
稲刈り(アキロマン)


その他
日本ミツバチの採蜜


どうなる事かと思われたコンニャクイモ作り

コンニャク畑

何とか出来た様子である。

なんじゃこれ?

しれっと、オカラのボカシ肥料を使い、
農薬は良くわからず使用せず。

ラッキーな事に、栽培期間農薬・化学肥料不使用のコンニャク芋となった。
(種イモは買ったので、それ以前は不明)

近所のおばさまが方が、コンニャク作りをしているので、
何とか地元産のコンニャク芋でと思ってはいた。

日陰が好きなのに、強烈に日差しの強い場所に植えられ、
水も一切散布されぬままの収穫となった。

逐次、収穫する予定でいる。


8月に入ってから作るカボチャも順調の様である。

カボチャ

今の時点でこの状態で出来るのかという一抹の不安があるが、
1本の苗に、1個のカボチャしかならさないという、1果採りである。

大体、超放任栽培のカボチャに手間がかかっては困る所なのだが、
寒暖の差があるこの時期に太るカボチャは、味だけ言えば期待できる。

出来るのか?

トウモロコシの横の空いた土地に植えている。


横のトウモロコシは、

トウモロコシ

まあまあ良くできている。

秋は栽培期間が短いので、
1本400gの大きさになるであろうトウモロコシも
現在の所200g程度しかない。

BT剤と、補殺により、アワノメイガの被害も少ない印象である。

来年はJAS有機基準の栽培で、
特別栽培の申請を出し、1万本は生産したい。

自然は甘くないだろうから、思うようには行かないだろう…。
番頑張ってみる価値はある。

一部、カラスに食べられたトウモロコシを持ち帰り、
試食してみた。

旨すぎるやん

凄い顔をして、むしゃぶりつく次男

ありがとう


言葉にならない言葉を出して、
嬉しそうに話してくれた。

子供が美味しそうに食べてくれる時が、
1番幸せを感じる。


土曜日には、日本ミツバチの採蜜をした。

日頃から、
「だから幼稚園児なんじゃ!」と、怒られ、
「ワシは、人を褒めんから!」と、言う口の悪い先生も、
弟子の晴れ舞台が気になったのか、採蜜に駆けつけてくれた。

予想以上の準備の良さにびっくりしたらしく、
いつになく上機嫌

私が準備していた巣箱の部品を見て、
「あれ?これわしが作った物か?あれ?違うなぁ~。あんたが作ったのか?」
「これ、ワシのレベルじゃ!」

と、驚いていていた。

日本ミツバチも、とても素直な様で、
とても綺麗な状態の巣板が出てきた。

巣板

23cm×23cmの7枚の巣板である。

先生は5.4Kgの蜜を採るらしい。
(私は濾過中)


「もう、わし来んからな!」

今まで、しょっちゅう電話がかかり、
「今すぐ来い!」と、言い
「仕事を放っても来れる様な情熱が無いとミツバチなんて出来んぞ!」と、怒られ

「あんた、電話に出てくれ!おじさんに独り言わすな!」と、
言われた日々も終わってしまったのだと、少し寂しくなった。

全てにおいて、効率を言い
無駄を嫌う先生。

一時期、うつ病になり
「わし…ミツバチなんてええんや…」と、言う時期もあったらしい。

何事においても、先生の足元にも及ばない。

初めはどうなる事かと思ったが、
親より年上の、75歳の先生との出会いに感謝している。

初めての採蜜で、
先生の5.4Kgを超えてしまったらどうしようかと、
要らぬ心配をしながら今週も始まる。
垂れ蜜
垂れ蜜2


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。