10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲とやま農園の百花蜂蜜

2013.10.10 18:23|販売・イベント
できました。
咲とやま農園謹製 日本みつばちの百花蜂蜜。

竹林に置いた野生の日本みつばちを招き入れ大切に飼いました。
養蜂で一般的に飼われる西洋みつばちと比べて穏やかでおとなしい。
だけど、野生だけに環境に敏感で、巣箱に住んでもらうのは難しく、一旦住み着いてからも
巣箱の向きや場所をほんのちょっと移動させただけでも引っ越していってしまう。
集める蜜も、ごくわずか。

忙しい農業のかたわら、最初の年でこんなに順調に蜂蜜が採れたのは、奇跡です。
みつばちの先生、今年は蜂蜜を採ることはおろか、巣に入ってもらうことさえも
「何パーセントの可能性もない」と言っていたほど。

そんな貴重な蜂蜜を、垂れ蜜という伝統的で時間のかかる方法で
我が家のみつばちから分けてもらいました。巣を搾るともっと採れるのだけれど、
雑味が入ってしまうのです。味にもこだわりがあるんです☆

はじめての咲とやま農園の蜂蜜は一般的な蜂蜜より糖度がちょっと低いけれど、
季節の移り変わりとともに野山に咲き乱れる花を飛び回って花粉を集めてきた
日本みつばちの軌跡が浮かんでくるような、さまざまな花のかおりがします。
一般的な西洋みつばちの蜂蜜とはくらべものにならないくらい、豊かなかおり。
見方によっては深いとも言えそうだけど、いろんな花のかおりがするから、広いというのかな。


そんな咲とやま農園の日本みつばちの蜂蜜。
180g入りで1500円です。
20瓶くらいの限定販売です☆

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。