10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.07.08 08:14|作業日誌
6月23日~ 6月29日

今週の出来事

スイートコーン関係(電柵設置・防除)
大豆の間引き・補植・中耕・土寄せ

風邪で撃沈

あれ?
今週の記事を書いてみると、
「石井君、今週は何をしていたのか?」
と、言われそうな感じである。

別に、サボっていた訳ではない。
軽くサボっていただけである。

わしの担当のスイートコーンは、
今のところ順調である。

トウモロコシ


畝間の草刈りも行う。
除草剤を使えば楽だなぁと感じるが、
農薬は出来るだけ使いたくないという
妙なこだわりもあるので、これで良いのかと思う。

トウモロコシ草刈り

わしの有機栽培の畑は、
依然としてイノシシがかっ歩し、
あちらこちらと土をひっくり返す。

広島市駆除班も頑張ってくれてる。

駆除班

↑写真の真ん中の白っぽい所はサツマイモだが、
その隣にジャガイモさんが土に眠る。

いつ発見されるのかと、ドキドキしていたが、
無事に収穫が出来た。

木村さんの「奇跡のリンゴ」に匹敵するほどの、
裏側にイノシシが住む、ネット等の対策もない入り放題の畑で出来た
「奇跡のジャガイモ」

味は特別美味しいという訳ではない。
至って普通のジャガイモである。

<栽培期間中に3本に間引きたジャガイモ>
ジャガイモ間引き

<定植して、それ以降何にもしないで出来たジャガイモ>
ジャガイモ放任

普通に考えれば、
間引きした方が、サイズが良くなると思っていた。
定植後に何もしていないジャガイモの方が、
サイズが良く、揃いが良い。

何が影響しているのかわからない。
ただ、結果は見た通りである。

何が良いのかわからなくなる。

その後、
白ネギの畑の準備をする。

白ネギ準備

たっぷりの発酵もみ殻を入れる。
堆肥は、散布するのが面倒で入れていない。
(重いし手作業だと疲れる)

だんだんと、手抜き農業になってきた。

広島県有機農業研究会の大豆畑については、
間引き・補植・中耕・土寄せをする。

大豆中耕・土寄せ

草が生えようとするころに、耕運してしまう。
草を大事にする有機農業とは正反対の管理である。

全ては、わしが蛇嫌いという理由である。
草まみれで、足元から蛇が出るのが怖いからだ。
特にマムシが居るので、怖い。


<ハトが居たことが推測される畑>
大豆1

<土寄せ後の状態>
大豆

<全体写真>
大豆

今のところ、完璧な作業が出来て、
自己満足度は、はんぱない。

通過する際に、思わずニンマリする。

反して、
今年の栽培期間:化学肥料不使用・農薬は除草剤2カウントの圃場では、

無農薬米
無農薬米1

分けつが確保できずに、茎数が少ないという
とてもすねた状態なっている。

わしらなんて、ほっとかれとる~

中干し直前の田とは思えない状態である。

今年は米は駄目か…。
食味の国際大会に出すまでもない米が出来るかもしれない。

トンボ1
トンボ2

わしの救いは、
今年もトンボが羽化して来たなと感じる時である。

ネオニコチノイド系農薬の影響で、
赤とんぼが激減したのかは言いきれないが、
今年も、良く観察したいと思う。

田植えがすべて終わり、
緊張感が無くなり、風邪をひき、
1日中布団にこもり、
現実逃避しながら今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。