04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.07.29 08:33|作業日誌
7月21日~ 7月27日

今週の出来事

神楽門前湯治村(長男・次男)
スイートコーン(防除・芽欠き・出荷)
田の溝切り
大豆土寄せ(今回が最後合計4回の培土をした)
広島菜圃場耕運
水稲(イモチ防除)
家族で海へ行く
次男の2歳の誕生日

スイートコーンが収穫最盛期となり、
週3回の法人の出荷と、個人的な販路への出荷を合わせると、
結局毎日収穫~出荷をするような日々が続く。

これだけ稼働が多いと、
来年は、ちょっとこらえてくれてと言われそうな予感もする。

70数名居るはずの組合員も、
結局農作業をしてるのは、両手で数える程度。

普段の作業は片手で数える程度である。

これが農業法人の現状である。
農地を所有していると言うだけで、
農民ではない。

いままで、休みの日は農業をしていた組合員さんは、
法人が農業を肩代わりし、自分が今までやってきた事を忘れているのだろう。

自分で働いている労賃はボランティア
収量は出来ただけ
メインの収入に頼り、農業は赤字
だから、農業なんて息子にさせないし、
農業なんて儲からないし、きついだけ。

私が農業法人にお世話になっているので、
こんな毒を吐くのは良くない事だろうと思うのだが、
わしが居ることで、曲がりなりにも農作業が進んでくれているので、
危機感が無いのだろうと思う。

わしが居なければ、逆にちゃんと考えるのかなと思う事もある。
(わしは困るのだが…)

農業法人は、農地を維持する組織なので、
完全な営利団体とは言い切れない所もあるが、
ちゃんと生活が出来、やりがいもあり、夢のある仕事にしたい。

大豆の畑については、
最後の中耕・培土をした。

大豆中耕

これ以上後になると、
根を切りすぎる。

畝間

しっかりと土寄せも出来ている。

こんなもんか

有機農業やっとるんか?草ぼうぼうの農業かと言われた事もある。
それが、とても悔しい。
以前、三重の有機農家の見学に行ったが、

「草が生えるのは、手を抜いているだけ。
篤農家は、だいたい草を生やさなかった。」と、言われた。

草を敵とせず、生き物を生かす農法を有機農業とするならば、
わしの農業は、有機農業ではない。

理念の伴わない、形だけの有機農業である。

今のわしのレベルは、そんな所である。
あと10年やれば、多少はわかってくるのかと思う。

緑肥を播いた畑は、いつの間にか生えていた。

ソルゴー

葉の色が違う所があるので、肥料の溜まっている所があるのだろうなと感じる。

息子のひょうたんも、
ひょうたん

ひょうたんの花

案外、綺麗な花が咲き

出来とるやないか

いつの間にか、ひょうたんの子供が出来ていた。

今週は、わりと家族と過ごす事が出来た。

工作

神楽門前湯治村では、工作ができるようになった。

2歳になりそうな次男は、
やっと神楽の怖さを知った様で、

恐れ1

キツネが出てきたときに、
なんだ?あの動物は?と、



キツネ

こうなる。

だめか…

長男は、3歳の時に初めて見たヤマタノオロチで、お泣きした。
そりゃそうだろうなと思う。

記念写真

記念写真を撮るときには、
ニヒルな笑みを見せる。


別の日には、
家族で海へ行く。

毎年1匹も釣れない釣りも、

魚釣り

今回は釣れる。

海にて

何だかとても楽しそうである。

長男が、
「家族でお出かけしたい…」

その一言で、急きょ海へ行ったのだが、
そのような言葉を言わせてしまうほど、
家族の時間を作っていないと痛感する。

次男は、
まだ良く分からないのだろう。

ブルース・リー

ブルース・リーに見えてくる。
なんで2歳児が、このポーズなのか気になる。

久しぶりの家族サービス中なのだが、
あるものが気になる。

長男に取ってきてとお願いする。

海藻とり

海藻取り

海藻を採ってきてもらう。

それを入れて、ぼかし肥を仕込む。

ぼかし肥仕込み

休みの日くらい、頭を切り替えようや…。
365日農業漬で、脳みそのバランスをかきながら、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

No title

久しぶりの力作を読んだ気がするけど、オレの思い過ごし・・・(笑)
暑い日が続きますゆえ、ご自愛ください。

<shigeさんへ>

そうですね。
組合員さんの意識レベルの低さにいら立ちを覚え、
力作になりました。
もっとゆるく生きたいです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。