10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.08.05 06:48|作業日誌
7月28日~ 8月 3日

今週の出来事

スイートコーン出荷
庭木の剪定講習会
白ネギ畑の中耕
大豆の潅水
家族でキャンプ
広島菜播種

その他
小学校のプール監視

今年も8月がやってきたようである。
ほんとに、日が経つのが早く、
ついこないだ田植えであずっていたと思ったが、
月末ころには、コシヒカリは収穫期に入る。

6月ころに引越しをした我が家だが、
立派な庭までついている。

入居した頃は、
綺麗な庭だった頃が懐かしい。

庭木の剪定をしたいが、やり方がわからなかった。
そんな時に、ある方が庭木の講習会を開催してくれた。

受講生は、2人であった。

わしが参加表明をしなければ、
やらなかったのかでは?と、申し訳ないような気分になる。

座学の後に、木を見て
どのような庭を目指すべきかについて教えてもらう。

<剪定前>
剪定講習1

<剪定中>
剪定講習2

<剪定後>
剪定講習3

こんな透かして良いのかというくらいに剪り落とす。

剪定講習4

先生がやると簡単げに見えるのだが、
自分でやると、思うようにはいかない。

剪定講習5

思ったより時間がかからないで剪定が進む。

そして、1番やりたかった松の剪定
剪定講習6

剪定講習7

5分程度の時間で、
生き生きとしてくるから不思議だ。

人は、一瞬で風景を捉えて、
無意識のうちに、心地良いのかを判別しているとのこと。
手入れされた庭を見るということは、
それだけで、心を落ち着かせるのでは?と、理解はしてみた。

今剪定する時期ではないのだが、
田舎は盆までには綺麗にするので、
時間を見つつ作業をしたいと思う。

先週定植した白ネギ畑は、
草が目立つようになったので、中耕してみた。

白ネギ中耕1

雑草対策を考えるなら、
雑草が4葉くらいまでが適当だと思う。

しかも
天気が良い日を選び、
かぐった雑草を一気に枯らすのがコツかと思う。

白ネギ中耕2

現在の白ネギ

作業には、適期があるので、
作業計画はとても大切だと感じる。

今年は、完全放任栽培の、
特別栽培のコシヒカリは、

特別栽培コシヒカリ

「親は無くても子は育つ」と、言うが
そんな状況である。

圃場を通るたびに申し訳ないような気分になる。

そろそろ、穂が出てきた。

今年は、食味の国際大会に入選の予定!??(その自信はどこから?)
全国に、戸山の米は旨い!と、言わせたい。

広島県有機農業研究会の大豆栽培は、
今のところ順調である。

梅雨明けして水不足になっていたので、
潅水をすることにした。

大豆潅水

潅水中

次の日に見てみたら、

大豆8月1日

畝間が…
どれだけ一気に成長しとんじゃ!と、思う。

そろそろ、開花の時期が来るので、
葉の状態をよく観察して、水の管理をしたい。

スイートコーンの出荷については、ピークを過ぎて
コメの栽培も手の要らない時期となり、
やっと休みが取れるようになったので、
家族で過ごすことにした。

妻がよく調べてくれて、
山口の田布施町にある
のんびらんど うましま」に行くことにした。

平日だったからか、施設を貸切状態であった。

キャンプ1
キャンプ3
キャンプ2
キャンプ4
キャンプ5
キャンプ7

このような時間を過ごすのは久しぶりであったが、
農業を始めてから、田園風景をみると、
風景としては見ることができずに、
仕事の延長の現場の様な見方しかできなくなった。

草刈が綺麗だ!
ヒエが多いな…
はぁ~、こんな栽培の工夫もあるのか!等

寂しいものである。

山口と言えば、
いろり山賊」がある。

広島にも似たよな店があるが、
似たような店でなく、本物に来てほしい。

神楽にビビる次男だが、
山賊の入口にあった山賊のモニュメントも
違和感を覚えていた様である。

キャンプ8

いつものポーズはするが、
どうも挙動が怪しい。

「親は無くても子は育つ」と、言うが、
それは、コシヒカリだけではなく、
自分自身のことでもあるなと、
戒めながら、今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。