08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.10.08 07:17|作業日誌
9月22日~ 9月28日

今週の出来事

播種(辛味大根・人参・サンチェ・キュウリ)
水稲後の耕耘
水稲勉強会(島根県邑南町)

神楽門前湯治村へ行く(長男・次男)

9月も後半に入り、
朝晩がとても寒くなってきた。

気温が下がると、わしのテンションも下がる。
わし自身も、植物化しているのでは?と感じる。

お米の刈り取りの最盛期となり、
今年の結果が見え始めている。

しかし、すでに来年が始まっている。

タイヤが転がるように、一つの終わりは次の始まり。

今週は、水稲の勉強会にいった

米の勉強会1

勉強会2

わしが、農業を始めた4年前に出会った方との再会もあった。

強烈な個性で、ちんぷんかんぷんな事を話していたのが、
今は、やっと理解できるようになってきた。

4年前と同様に、元気そうな姿をみると、
とても励みになる。

大豆畑は、実の肥大期を迎えている。

大豆2

8月の曇天が懐かしいほどの晴天が続くので、
樹勢も回復しているような印象を受ける。

めかき

4回の過度な中耕・土寄せで、雑草だけは全く生えていない。
田舎は、草を生やすと色々と言われるために、
草だけでも管理できた事は、良かったと感じる。

収穫は11月に入ってから
台風でべったりいかない事だけを祈っている。

日曜日は、息子2人を連れて、
神楽門前湯治村へ行く。

工作スペースがあり、
神楽の道具を作ることができる。

工作3

長男は、慣れた手つきで工作できる様になったなと安心して見る事ができる。
一方、初めての工作をする次男2歳

工作1

返事だけは立派だが、迷惑ばかりをかける。


最後に記念撮影


記念撮影

鬼の棒を持つ次男
顔まで鬼になっている。

こんな怖い鬼を日頃から見ていると、
節分の時に、全然怖がらないじゃないか!

10年後、この写真を見て
「ここ何処?」と
言われるんだろうなと思いながら今週も始まる。






ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。