10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.10.09 06:06|作業日誌
9月29日~10月 5日

今週の出来事

スイートコーン(防除・アミノ酸葉面散布)
稲刈り
BROF勉強会・土壌診断(邑南町)
広島菜防除

蜜蜂ふそ病ということで採蜜予定

うさぎを購入


「あきろまん」と、いう広島のお米の刈り取りが最盛期となった。

圃場・水・天候等の絡みから、
5月中~下旬の田植えで10月上旬稲刈りができるこの時期の物は、
割とよくできて、病害虫にもやられにくい(逃げ切れる)と感じる。

来年の水稲の作付計画に、
有機肥料100パーセントで農薬は90パーセント減のお米の栽培提案をしようと思案中

土壌診断をして、土を見える化してみるとびっくり!
資材費だけで、慣行栽培の2倍~3倍程度する。
隣の田でも、全く違うということを実感する。

3倍のコストでも、充分に元は取れるような価格設定と、
価格に合う品質・味は追求したい。


いくら稲刈りの時期は忙しいといっても、
毎日稲刈りというわけではない。

ふと、考え込む時間が増えてきたなと感じる
(時間的なゆとりがあるということ)

毎年、農閑期になると
人生を考える事が多くなる。

1年中、時間が無いくらい忙しいというのは、考えものだが、
農繁期と農閑期の差は、特に精神的にはきついものを感じる。

今年の農閑期は、スイートコーンの栽培マニュアル等の作成や、
農業の勉強に時間を使う予定ではいる。

農業法人なので、
誰が作っても、均一な品質の物ができるようなマニュアルは必須だと思う。

次男と交通科学館へ行ったが、
考え事をして、どうもすっきりしない。

交通科学館


あと、この時期になると
稲のシカシカの影響だろうか、目やにがでたり、
痰がやたらと出る。

これ、労災なのだろうか?

防護マスクをしようかなと感じつつ、
今週も始まる。

↓白っぽいのがシカシカ
(奥から手前に流れている)

稲刈り2






ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。