10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.11.13 06:39|作業日誌
11月 3日~11月 9日

今週の出来事

実は前回の記事のさつまイモ掘りは3日でした。
BROF勉強会(邑南町)
スイートコーン葉面散布
小麦圃場の準備

長男文化祭

仕事はひたすら小麦圃場の準備

稲を作った後の荒起こしをやりたいなと思いつつ、
手がつかない状態にある。
(心が付いていっていないということもある)

小麦の播種が終わるまでは、待ってもらおうと思う。

咲とやま農園の「養蜂部」(←正式にそんな部は無い)は、
ミツバチの越冬用の蜜を採りすぎ、正直越冬できないかもしれない。

先生が言ったから採ったと言えども、
自分の群なので、管理を怠っただけである。
(管理といっても2週間に一度掃除するだけ)

先日、先生に
「あれは、もう蜜を頂いた方が良い!」と、言われた。

先生は、今年27群飼って、
越冬できる群が1群のみ(らしい)

どんだけ歩留まりが悪いんじゃと、のど元まで来ていたが、
言葉を発するのはやめた。

1群しかないので、今手放すと、
来年の5月辺りの分蜂まで待たないといけない。

さらに、来年の5月を想像すると、
コシヒカリ田植え、スイートコーン植え付け、あきろまん代掻き…

また2か月ほどの休みの無い、12時間労働が待っている。

うへぇ~

お金をかけても維持できる方法を考えると、
餌を与えるしか方法はない。

ミツバチ 餌1

巣箱の一番下に、砂糖:水:蜂蜜 1:1:0.5位の砂糖水を設置した。

毎朝代えているが、結構減ってきている。

今の時期の朝は寒いので、
本来なら、夕方の餌交換が良いのだろうが、
結構ビビりで、蜂に刺されるのが嫌なために、
蜂が寒くて動いていない朝に掃除と交換を同時にする。

朝を食べなくなる12月上旬まで、
この作業は続く。

何としても、維持する覚悟でいる。

ミツバチ 餌2

ミツバチ 餌3

越冬用の蜜は、
もうひと箱必要であった。

砂糖水だけでは、タンパク源が無いということで、
代用花粉も購入(←子供が食べる)

この時期は花が少ないので、
効果は高いと感じる。

代用花粉

今まで、奇跡的に維持できていた(←先生の言葉)
約1ヵ月間、しっかりとお世話をしたいと思う。


そんな、危機に瀕した日本ミツバチの巣箱の近くに、
また奴が現れた。

シシ

イノシシ

シシ


小中学校の通学路に、わしの畑はある。

子供が発見し通報してくれたので、
学校からお達しがきた。

私の畑にイノシシが出ているので、
教育委員会・区役所・警察に連絡したと…。

また、大ごとになるではないか!

わしの畑の、サツマイモの残りを食べている姿を目撃する。

故)大山倍達率いる地上最強と言われた空手軍団の、
極真会館の「熊殺しのウィリー・ウィリアムス」

高校時代に一瞬だけ極真会館に入門したわし…
なれるのか!

シシ殺しのユゥリー・イスィー(←わしのこと:石井裕二)

いやいや、
体が資本じゃけぇ~

シシにあっただけで、
脈拍が早くなるビビりのわしに、
何事もないことを祈りつつ今週もはじまる。

自衛隊、鉄砲を貸してくれんかな…。
距離も近いので、
たぶん仕留められるはず。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。