08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.12.10 06:51|作業日誌
11月24日~11月30日

今週の出来事

スイートコーンの残渣の片付け
廃菌床受領
玉ねぎ定植
香川県の「さぬき有機生産組合」へ研修


腰のにがるマルチはがしが終わり、
スイートコーンもいよいよ仕事を終える時がきた。
カッター

稲ワラカッターで、裁断する。

残渣

この残渣が、また肥料となり
来年のスイートコーンに使われる。

すでに、来年の準備が始まっている。
椎茸を菌床で栽培している農家が多く、
使い終わった「廃菌床」と言われる物をもらってくる。

廃菌床

わざわざ長崎からおが粉等を取り寄せ作っている。
元が取れないと話す。

受領

一つ一つにビニールがかけてあるので、
結構ゴミが出る。
(家庭ごみで出せるのか!?)

散布

今から肥料計算をして、
養生するつもりでいる。

27日には、
香川県の「さぬき有機生産組合」へ研修に行った。

次元が違う技を見せつけられ、こんな農業があったのかと思い知らされた。

ニンジン

土にもぐるニンジン

良く肩がでて日光が当たり色が変わるが、
本来のニンジンの生育は、土にもぐっていくとの事

土は、海砂を客土しているので、
こちらの土とは違う。

土

終わりかけの玉ねぎの圃場

玉ねぎ苗圃場

右の田は他の方の物だが、
結構雨が降った後だった。
水のみの字もないくらいに排水が良い。

苗を頂き、自分の苗の根と比べてみた。

苗
(上段:宮下氏の苗 下段:私の苗)

根の太さと量が違う。
これだけ違えば、肥料を吸う管が太いので、
実の太りもおのずと変わる。

苗半作というが、これだけ違ってしまえば
半作どころかそれ以上である。

家庭の事では、
長男がサンフレッチェのサッカークラブに見学に行った。
人工芝で贅沢である。

あれだけ神楽が好きだったので、
習いたいと言えば、遠くでも連れてゆこうと思っていたが、
意外なところに落ち着いた。

サッカー

確かに、最近やたらと上手になってきた。
場違いの日本代表のユニホームを着て、
みんなの中で揉まれて、
一つ一つ成長する毎に、
私の手元からだんだん飛びたってゆくのだろうと感じる。

寒気の襲来とともに、
私の心にも寒気が押し寄せつつ今週もはじまる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。