FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2015.04.21 06:40|作業日誌
4月13日~ 4月19日

今週の出来事

発酵もみ殻の切り返し
コシヒカリ苗の移動
スイートコーン播種・定植
コシヒカリ圃場荒起こし

耕作放棄地風農園「咲とやま農園」の畑の準備
ビール祭りの出店の手伝い

今年の春は雨が多い。
毎年雨には泣かされる。
雨で畑に入れないからだ。

しかし、今年は違う。

一か月以上前に準備をしていたので、
畑の作業は順調に進む。
小さな奇跡は起きている。
今年は何かが違う!
そんな事を感じる春である。

予定通り「ミブナ」の定植
化学肥料栽培区と有機肥料栽培区に分けている。
苗作りも上記の様に分けている。

みぶなの定植


ミブナ

左:化学肥料使用苗
右:有機肥料使用苗

右の貧弱な苗が有機肥料の苗である。
播種が1日遅れた所もあるのだが、
生育状態は良いとは言えない。

自作の苗土の物理性が悪く、
何度か調整はしてみた。
まだ、通気性の所で問題がある。

根

根を見てみた。
右の有機肥料苗の方が太い。
太い根は、それだけ吸い上げる量が増える。

適当な自作苗土だが、
面白い結果が出て勉強になった。

同時並行に「スイートコーン」の定植も始まる。

スイートコーンの苗

去年は発芽に苦労した。
加湿が最大の原因かとは思っているが、
結局のところはわかっていない。
今年の滑り出しは良さそうで、
苗も十分な量を確保できている。

スイートコーン

スイートコーン栽培の先輩に、
「発芽したら、定植は早い方が良いよ」と、言われ
1葉~2葉程度の苗を植える。
去年は3葉~4葉程度であった。

128穴・200穴・ペーパーポット128・286と色んなパターンで栽培したが、
1葉~2葉で定植しようとすると、根が回っていない。
定植時に苗土がばらけるので、苗を取るのにコツがいる。
ペーパーポットは定植しやすいが、
毎回購入しないといけなくなるので、コストは高くなる。
人間側の都合であれやこれやと資材を使い分けているが、
植物基本で物事を考えてみたい。

スイートコーンの根っこをみると、
1本の長い根もあれば、何本も出ている状態がある。
すべてに理由があるかと思う。
個性という一言では片付けられないなと感じる。
答えは直ぐに見つからないだろうが、
どうしてこうなるのかと言う事も意識してみたい。


先週仕込んだもみ殻の切り返しをする。

切り返し

このような作業の時に雨が降るのはいつもの事

もみがらの状態

菌の周りも早く、
すでに完成に近い。
もみ殻は、軽く一つ一つが小さいので、
何をするにも扱いやすい。
ただ、分解し辛いので先に菌に食べてもらう。

実際に比較栽培をしてみたが、
300Kg/10a(畑の場合)入れる所が生育的には一番良い。
もみ殻のミネラルが出ているというよりは、
土の物理性が良くなっているからだろうなとは感じる。
しかし、土を作るのは「腐植」なので、
植物体を土に戻す事は、とても大切なことと感じる。

いよいよ水稲の準備も始まる。

水稲の苗

GWから田植えが始まるコシヒカリの苗の準備である。
今年もGWは休みがなさそうである。
農家に休日は無いので、仕方ないが、
生き物を相手にすれば、結果そうなるのかと思う。

ただ、会社として考えれば、
それではいけない。
自分が人を雇う側であれば、労務はしっかりとしたい所である。
毎年考えるが、答えは出ない。

日曜日には、広島市民球場跡地であった
「地ビールフェスタ」出店のお手伝い。
広島県有機農業研究会としての出店である。
わしは出せる野菜も無く、雑用であった。
(殆ど手伝いはしていない)

ビール祭り

この時期のイベント出店は結構厳しい。
ビールのつまみに、採れたての枝豆があれば最高なんだけどな…。
みんな目当てはビールなので、野菜の販売は状況的には厳しい。

出店


4月と言えば、ミツバチも忙しくなる。
先週仕掛けた待ち箱を見に行ってみる。

ミツバチ

探索蜂も多く、
何やら楽しそうにじゃれ合う。

次男
蜂蜜が大好きな次男も、
写真を見せると楽しそうである。
常に笑って生きていきたいものである。

しかし、ミツバチをアップで撮影してみれば、

アップ

結構怒っていませんか?

「みつばち、かわいいぃ!」
なんて思っていたが、
現実は大違いなんじゃないかとビビりながら、
今週もはじまる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。