09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の裕二

2015.10.08 07:01|作業日誌
8月のできごと

スイートコーン定植・葉面散布・台風被害(8月25日)
水稲防除
広島菜準備~播種
別府旅行
藤子・F・不二雄展

ざっくりと8月の作業を書いてみたが、
何もしていないわけではない。

今年の夏は、7月末から8月上旬の一瞬だけであった。
ばっちりと太陽熱養生がはまった露地のスイートコーン圃場は、
表層5cmで50度を超えるほど温度が上がる。

太陽熱養生

様子を見つつ、先手先手で追肥をする。

中耕

葉面散布

通常2回の追肥を行うが、
元肥でアミノ酸、堆肥で全量の窒素分を入れて、
マルチを張った方が、時間差で効いてくるし、
追肥の手間もないし良いなという結論に至る。

管理機で中耕する際は、根を確認してから、
切らないように気を付けてはいるが、
有機肥料は、なかなかの臭いがするので、
近所迷惑になる。

また、臭いにつられて、獣がやってくる。

その後、台風15号により、

台風1

また倒伏
これほど自然からの試練を感じた年は無い。
露地栽培はこれだから安定した生育は望めない。

また、それも良いところでもある。

台風2

それにしても、軸をねじりきるような強烈な風が吹いたようだ。
この台風の影響は、最後まで大きなダメージを受けた。

色々な資材を駆使して、外部から栄養素を与えて行くが、
要素欠乏は無いにしろ、樹勢は悪くなった。

起こったことは仕方ない。
台風の来るような場所で、スイートコーンを作るから悪い。
大生産地の北海道は、こちらのような強烈な台風は上陸しない。

なるほどと思う。

家庭では、
新聞の休刊日を利用して、別府に行く。

関門海峡1

関門海峡での記念写真
長男の機嫌が悪く、笑顔の写真はこれのみ…

関門海峡2

たまたま、テンションを上げた瞬間を撮影した。

携帯を探すも、別府での写真が無い。
実は、温泉の源泉を飲み、
わしはダウンした。

逆流性胃炎のように、こみ上げてくる。
また、おなかの急降下

せっかく、夕食付の旅館に泊まるも、
夕食時は気持ちが悪く、
横になる。

典型的なダメ父である。

普段、気を張り仕事をしているのだろう。
休日になると、気が緩み、体調を崩す。

次の日は、水族館と高﨑山へ行く。

高﨑山

1時間ごとにトイレに駆け込む情けない父
休日の時ほど熱くなれるような男になりたい…。
母から、「松岡修三さん」の本をもらい、見てみたが、
何事にもあれだけ熱くなれると良いのだろうなとは感じる。

夏休みも終盤に近づき、
「藤子・F・不二雄展」に行った。

ふじこさん
ふじこさん1

ドラえもんは、愛されてるな~と、つくづく感じる。

夏休みといえば、子供の頃は8月の最後の週は、
追い込みの時期であった。
そんな、できの悪いわしとは違い、
長男は夏休みに入った1週間でほとんどの宿題は終了
盆あたりに工作をして、すべての宿題を終わらせ、
毎日6時過ぎに起きて、遊びほけていた。

大体、夏休みの過ごし方は、
人間性を見ることができると思う。
未だに、仕事に追われ、ぎりぎりになってやる姿を見ると、
納得する。

早々とやることを終わらせる長男は、
案外仕事が早く、大物になるのでは?と感じる。

トンボ

今年も、多くのトンボが水田から飛び立ったな…。
一見すると、こんな無駄な時間を過ごしているから、
いつも時間が無くなるのだろうなと、冷静に分析だけはしている。

残暑がなく、いきなり秋になりながら、
9月も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。