09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末みちくさマート 菜野果のあゆみ(1)

2016.01.05 12:53|作業日誌


2016年の仕事はじめは、週末みちくさマート(端的に言えば無人販売所) 菜野果の設置から。

実は、2015年11月に設置を済ませ、12月に一度オープンさせていたのですが、畑の大家さんに話を通すという大事なステップがすっかり頭から抜け落ちたままオープンさせてしまい、その後「ここでは困る」とご連絡をいただいて一旦撤去。それから、もう一度大家さんに了承をいただいてから、最初に設置した場所から少し離れたところに設置し直したのです。ホッと一安心~!

今日は、菜野果誕生に至るまでのストーリーをキロクとしてまとめておこうと思います♪



はじまりはここから


C360_2015-10-20-15-46-14-420.jpg

菜野果誕生のきっかけは、咲とやま一家が戸山にⅠターンして最初にお世話になった、ツマ千穂の実家のご近所にある戸山が誇るケーキの名店「アナナス」でした。
これが10月20日のこと。

実家の母と近所のおばちゃんと一緒に柿もぎをしこたまして(笑いが出るほど大量、豊作!!!)、そのお疲れ会でアナナスにケーキを食べに行ったときの、アナナスRYOKOちゃんとの立ち話がはじまりでした。


今ね、私たちが暮らしている戸山に続々と新店が生まれているのですよ。
ケーキ屋「アナナス」を元祖に、パン屋「Cadona」、パスタ屋「吉山ビアンコ」、いちご農園「苺ファームべりふる」、さらに家具屋と焼き菓子屋の幸せな融合体「musica faniture&粉麦」、水本牧場のカフェ「さとやま」…さらに2、3店がこれからオープンするべく準備中、とのウワサなのです。


一方我が家は、農園長裕二は普段は法人の仕事に忙しいし、ツマ千穂も平日は森のようちえん三昧でなかなか外に販売に行けない零細農園。自給をベースにしているものの、食べきれないほど野菜をつくることも多々あり、そんなときは食べきれない野菜は旬が過ぎたら畑にすき込まれてしまう…そんな悲しいサイクルを抜け出したい!

こんな話をRYOKOちゃんにしたところ、続々オープンしている素敵ショップを目当てに戸山ツアーに来る人が増えてるんだから、小屋でも建てて戸山で野菜を売ればいいじゃーん!オーガニックじゃし、売れるよーー!と背中を押してもらったのでした。


その頃、長くモヤモヤ期が続いていたツマ千穂は、2週間ほど前に心屋流自己開示ワークショップに参加。
※心屋流…あの心屋仁之助さんの手法を使ったものー!
そこから光を見出しはじめて身も心も軽くなってき始めていたところでのこの展開…!


妄想の羽はすぐに広がり、「できる!」「やる!」と心ドッキドキのワックワクで坂道を走って家路についたのでした♪

C360_2015-10-20-15-55-56-931.jpg

↑そのとき食べたケーキ。
アナナスのケーキは甘さ控えめ、見た目は素朴なオサレ感。
ケーキをつくっているKEIKOちゃんは、専門学校の先生でもあり、ケーキの賞を何度も受賞しています。
私、ここのケーキが一番好きだなー。近所だからっていうのではなくて、そういうの抜きで一番好み。
お店のウッドデッキでイートインもできますよ♪
戸山においでの際はぜひに♡

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。