03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末みちくさマート 菜野果のあゆみ(2)

2016.01.05 14:16|作業日誌

コンセプト、最優先課題はなにか?


戸山のケーキ屋さん アナナスのRYOKOちゃんの一言でワックワクに火がついたツマ千穂、
そこから猛ダッシュでオープン準備を進めました!

まずは、農園長のオット裕二に「やりたい!やるけん!」と報告。
それから、一番の協力者になる実家の父に「やりたい!やるけん、力を貸してほしい!」と依頼。
この二人、どっちがノリ気&やる気を見せてくれたかというと、農園長殿ではなくて父上でした(゚∀゚)


協力の約束をとりつけたら、今度はショップの構想をつめます。

「無人販売所」と言えば、道端にひっそり置かれていて、人の気配がないイメージ…。
品物だけとられて、お金を入れてもらえないイメージもある…。

我が家の野菜は、これまでは残念ながら忙しすぎて手が回らず「売らない」ことがデフォルト。
その場合、畑にすき込んでしまって1円にもならずに終わるだけなので、少々お金が入らないことはもともと覚悟の上。少しでもお金を入れてもらえればプラスにしかなりません。だから、「お金を入れてもらえないかも」という不安は軽々払しょく。(というか、不安に思ってない^^)

それよりも、「ここで野菜を買えること」が喜びに感じてもらえるような、「ここで野菜を買うこと」を楽しんでもらえるような、そんな場所にしたい。そうすれば、喜んでお金を入れてもらえるだろう。そのためには……オサレにつくることが最優先課題!!!!!


…と考えに考えて、我が家らしく、ぴっかぴかではなくて古材をいかしてできるだけお金をかけない、でもオサレな小屋をつくる方向で、めでたくコンセプトが決まりました。(あっという間に!)




生まれ変わった食器棚


次に、コンセプトに沿って材料探しをします。
2014年5月に引っ越してきた、築約70年の我が家には、お宝が眠っているはずだ!!!

…と、ありました~♪ 早速見つけた!

C360_2015-10-25-17-27-04-281.jpg

古ぅい、昭和のかおり漂う食器棚。
上下重ねの食器棚の上の部分。90センチ×90センチ×30センチくらいの大きさです。
これを小屋にはめこんで使おう。何とかなるはずだ。
ということで、早速ぬりぬり~♡

C360_2015-10-25-20-35-18-719.jpg

C360_2015-10-27-14-35-03-843.jpg

ミルクホワイトの水性ペンキでペタペタと塗ると、なんということでしょう、ガラスの和の風味がほどよい、ジャンクな棚に生まれ変わりました。やればやるだけ雰囲気が変わって、楽しい作業でございました。




棟梁の出番です!


さて、棚の原型ができたので、ここからは棟梁である父にバトンタッチ。小屋をつくってもらいます。

父は元消防士さんだけど、犬小屋から物置小屋まで自作するDIYの達人。今の住まいでも、小屋をつくってもらい、ダイニングとキッチンと洗面所と居間のぶよぶよだった床板・畳を無垢の杉板に張り替えてもらったりしてきました。お金をかけて、センスのいいお店に依頼することも考えなくはなかったけど、身近に適任がいます。それに、父も「じゃあ銀杏でも売ろうかの♪」と色気を見せていたので(笑)やっぱり父しかいません!

快く、何日もかけて、細かいところまで丁寧に仕事をしてくれました。

C360_2015-11-04-18-18-36-921.jpg  C360_2015-11-04-16-06-07-116.jpg


古材を生かして、いい具合。あーりーがーたーやーー。

C360_2015-11-04-16-13-46-159.jpg  C360_2015-11-04-16-14-05-959.jpg




そして融合


棟梁がつくってくれた小屋に、塗り師千穂が色を塗り、仕上げます。

戸山という自然豊かな里で、オサレに目立つ色…ぴかぴか過ぎず、素朴なオサレさを感じさせる色…小屋のかたちや設置場所などなども考え合わせて構想を練ることしばし。結果、ホワイトとミントグリーン、それを引き締めるブラウンを合わせることにして、早速塗り上げました。
ブラウンの塗料は、野外に設置することを考えて防腐・防虫効果を期待してキシラデコールを使いました。キシラデコール、色味が豊富で、ブラウン系も何色もあります。これはえーと…チークかな。

C360_2015-11-07-16-51-11-951.jpg

足元にある窓枠は、農園長裕二のおばあちゃんの取り壊し寸前のおうちからもらってきた障子窓。
飾りにつけようかと思って、キシラデコールを塗ったけど、結局使わず。でも、生まれ変わって気持ちよさそう♪


さて、ここに千穂が塗った古い食器棚を融合させます。…さて、できはいかに!?!?



C360_2015-11-10-15-32-09-254.jpg

ジャジャーーーーン!


えー感じにできあがったのではないでしょうかッ。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。